私は40代の女性ですが、30代前半から半ばまで働いていた会社を退職して就職活動をしていました。頻繁にハローワークに通ったり、求人情報誌を見たり、ネットで求人情報をしたりして、一番興味があった仕事に応募してみました。それは派遣会社からの求人だったのですが、しばらく働くと正社員になれる可能性が高いという仕事でしたので、派遣会社に登録に行きました。その派遣会社は私の家からは少し遠い場所にありましたので、その派遣会社に登録しに行ったついでに、近くにあった別の派遣会社数社へも登録しに行きました。
そして私が一番興味があった仕事の面接試験の日取りが決まりましたので、それに向けて気持ちを整えていました。ですが残念ながら、その予定されていた面接試験の直前になって、面接担当者の体調が悪くなってしまったり、様々な他の予定の都合で面接試験が1か月も延期されてしまいました。派遣会社からその連絡を受けた時はショックでしたし、どうするべきか迷いました。なぜなら面接試験を1か月後に受けたとしても、その仕事に採用される保証はないからです。1か月も待ったあげく、面接試験に受かることが出来なかったらショックでしょうし、時間が勿体ないと思いました。
そんな時に別の派遣会社から連絡が来て、私の経歴や資格などを見て、是非、来て欲しいと言っている会社があると言うのです。その仕事にはあまり興味はありませんでしたが、私の今までの経歴などを見て雇いたいと言ってくれるのなら、その会社に行ってみようと思っていました。そしていよいよ、働き始める前の顔合わせの日程が迫った頃、不思議なことがありました。
それは私の主人の上司の家で開催されたホームパーティに参加した時のことです。そのホームパーティーには主人の職場の人たちだけでなく、主人の上司のご近所さんや仲が良い人たちも来ていました。そしてその中の一人の女性と食事を摂りながら、色んな話をしていました。そしてなぜか仕事の話になりましたので、私は最近、退職をしたばかりで、次に行く職場もほぼ決まっているという話をしました。そして彼女も最近、ある職場を辞めたばかりだと言いました。そんな話をしていたら、私が近いうちに働き始めようと思っていた会社をその彼女が辞めたばかりだということが分かりました。つまり彼女が最近、辞めた仕事で空いているポジションへ私が行こうと思っていたことが分かりました。そしてその彼女から「あの職場と仕事は最悪だ。その仕事は引き受けない方が良いと思う」と言われてびっくりしました。彼女からその職場の悪い話をたくさん聞いた私は、翌日に派遣会社に電話をしてその仕事を断りました。派遣会社からは嫌みを言われてしまいましたが、本当の理由は言いませんでした。
そしてその後しばらくして、私が元々、とても興味があった仕事の面接試験を受けたのですが、幸いにもその面接に受かって、その興味がある仕事に就くことが出来ました。そしてその後、その仕事をとても楽しむことが出来ました。
もしあのタイミングで私の主人の上司のホームパーティーに参加して、あの女性と話していなかったら、私はその職場が悪い場所だと知らないまま働いて苦労していただろうと思います。そしてそうしたことによって、とても興味があった仕事に就くことも無かったと思います。彼女に会ったのはあの時だけですから、とても不思議なめぐり合わせだなと思っています。そしてその不思議な出会いがあったからこそ、大好きな仕事に就くことが出来て本当に良かったと思っています。

カテゴリー: 体験談